LINE6の人気アンプシミュレーター

アンプシミュレーターで手軽に練習やレコーディングをできるようにしたいと思い昨年後半からアンプシミュレーターやマルチエフェクターを幾つかチェックしていました。
色々とある中でも評判が良く機能的にも良さそうなLINE6のPOD HDシリーズの上位機種“POD HD500X”を試しています。

フロアタイプのPOD HDシリーズ最上位機種だったPOD HD500。そのヴァージョンアップ版としてPOD HD500Xが昨年登場。
外見ではフットスイッチとディスプレイが変更。
どちらも見やすくなり使いやすさが向上しています。
フットスイッチは周囲が光るようになっていてカッコイイ。

機能面ではDSPをアップグレード。DSPのパワー不足で従来は組めなかった様なセッティングもPOD HD500Xでできるようになり、音作りの幅が広がっているね。続きを読む

Focusrite ScarlettシリーズをMavericksで使えるようにする

自宅で使っているオーディオインターフェイスはFocusrite Scarlett18i6というモデルです。

このFocusrite Scarlett18i6がMacのOSを新しいMavericksにしてから不安定極まりなくなりました。
以前からドライバーかソフト的な何かの不具合で音が途切れる事が時々あったのですが、Mavericksを使うようになってからは何かする度に音が途切れる状態になってしまい、困り切っていました。

最近、FocusriteからやっとMavericks対応するソフトが配布され使えるようになりました。
Focusrite Scarlettユーザーの方はチェックしてみてください。

続きを読む

モニタースピーカーのスタンド自作 施工前
モニタースピーカーのスタンド自作 施工前 Photo by Mekkjp

狭いし音悪いし

自宅のモニタースピーカーはMacと同じ机の上に置いてありました。
無印良品で買ってきたアクリルの台を使って置いてありましたが、机の上は狭くなるしスピーカーの音も今一つ。
音がぼんやりする、低音がどうも絞まりがない。
DTM環境としてはとても良くない状況です。

そこでスピーカーを壁に設置して貧弱な台からしっかりした台に。
同時に机の上を広く使おうと画策してみました。続きを読む

秀逸のギターアンプシミュレータアプリ

ネットで知り合ったギタリストの方にオススメされたiOSのギターアンプシミュレータアプリ「Jam Up」。

JamUp Pro XT – Amp Effects Processor App
カテゴリ: ミュージック
価格: ¥850

色々なシミュレータが出ていますが、それらと比べても遜色ない出来の素晴らしいシミュレータアプリです。
下手なミニアンプで鳴らすなら、これに繋いで練習した方がいい。間違いなくいい。

音がいいっていうのはエレキギターにとって命だと思うから。
上手い下手関係なく、音がいいのはいいと思う。
それくらいいい音がするアプリです。

続きを読む

なんと今日7月17日までのセール。

AmpliTube Orange、Metal、Multitrack Recorder、Loop Drummerパックが40-60% OFF
AmpliTube Orange、Metal、Multitrack Recorder、Loop Drummerパックが40-60% OFF Photo by Mekkjp

AmpliTube Orange、Metal、Multitrack Recorder、Loop Drummerパックが40-60% OFF
Orangeの全セット、通常€79.99が€31.99。
その他にもAmpliTube Matal、AmpliTube Multitrack Recorder、AmpliTube Loop Drummerパックなどが大幅値下げ。

Amplitubeを使っている方は要チェックですよ。

メーカーサイトはこちら。
http://www.ikmultimedia.com/news/?item_id=2689

Logic9を再インストールしたら

Macを完全に初期化してリフレッシュしました。
アプリケーションも使うものだけ再インストール。
もちろんLogic Proも再インストール。

DVD7枚を取っ換え引っ換えしてインストール。
さあ終わった!と思ったら。
Logicが起動しない。

logic_error
logic_error Photo by Mekkjp

クリックすると「Power PC(用のアプリケーション)のサポートはしていません」という謎のエラー。
いや、これPower PC用のアプリじゃないし。
そんなエラー出されても困ります。続きを読む

UA-5
UA-5ってのはDTMに欠かせないオーディオインターフェース。
PCに音を取り込むための入り口です。
ギターのアンプからスピーカーシミュレーター(ダルマの下の青い箱)を通って、このUA-5経由でPCへ。

これ、たしか4~5年前に買ったのかな。
巷にはもっと高性能な機種がたくさんあって目移りしちゃうんだけど、なんか使い慣れちゃってるのと、機能として十二分に活躍しているので、満足しているんだよね。

続きを読む

Vocaloid
Vocaloid Photo by WallpaperHere4U

先日、インストールして遊ぼうと思ったら鳴らなかったボーカルソフトのVOCALOID。
(VOCALOIDが鳴らない参照)

明日のライブの準備をしつつ、ふとPCが目に入ったので「使えないソフトだし、アンインストール(PCから削除)するか」と思った。
アンインストールする前にソフトを立ち上げて、最後にもう一度この前作ったテストのデータを再生してみる。
でも、鳴らない。

まあ、当たり前。

何の気なしに、新規ファイルを作って、データを入力。
そうしたら…。

続きを読む

楽器屋のDTMコーナーに行くと置いてあるVOCALOIDというソフト。
簡単に言うとPCで人の声を出させて歌わせるソフトウェア。
電話の案内で聞くような合成の安っぽいロボットの声じゃなくて、本当の人の声をサンプリングして再生させているから、うまく使うとかなりリアルに歌い上げる。

デモを作ったり、バンドでやらないような曲を作ったりする時に重宝するかと思って購入したのが数年前。

時は流れ、今。
オタクなソフトとして売れてしまい、萌系な声が入った新しいヴァージョンのVOCALOID 2になっている。

続きを読む