BOSS往年の名機がXになってリリース OD-1X / DS-1X

BOSSの名機が進化

BOSSのオーバードライブ、ディストーションの名機、OD-1、DS-1。その名を受け継いだ新エフェクターがNAMMショーで発表されます。

その名もOD-1X(オーバードライブ)とDS-1X(ディストーション)。
Xが付いて強そうになりました!?

なんとデジタル回路。
早くもYouTubeにデモンストレーションが公開されています。

期待させるデモンストレーション

これはBOSSのティザー広告。
エフェクターの音は聞けませんが、なかなかカッコイイ、イメージムービーです。

そしてこちらがデモンストレーション。
デジタルと侮るなかれ、なかなかのサウンド。

なかなかの音。
デジタルなのを感じさせない、良い歪み。

ローランドのオフィシャルサイトでそれぞれの特徴が紹介されていました。

OD-1X
◎ 太く芯がありながらも、レンジが広くクリアなモダン・オーバードライブ・サウンドを両立。
◎ どの帯域でも演奏者のニュアンスを反映した自然なコンプレッション感を得られる抜群の弾き応え。
◎ ギターやピックアップのキャラクターを活かしたサウンド・メイキングが可能。
◎ 4つのつまみにより従来のペダルと同様のシンプルな操作で圧倒的に幅広い音作りが可能。
◎ つまみやパネルにクローム・パーツを採用、ビンテージ・スタイルの銀ネジ仕様と合わせ特別感のある外観に。
via: OD-1X :: 製品 :: ローランド

DS-1X
◎ タイトな低域とパンチのある中高域を両立した強力なディストーション・サウンド。
◎ 指板上のどのポジションでも演奏者のプレイに合わせて理想的な歪みを提供。
◎ 深い歪みで弾いた時も、コードを弾いたときの1音1音の分離感は圧倒的。
◎ ハイゲインと超低ノイズの両立を実現。
◎ 4つのつまみにより従来のペダルと同様のシンプルな操作で圧倒的に幅広い音作りが可能。
◎ つまみやパネルにクローム・パーツを採用、ビンテージ・スタイルの銀ネジ仕様と合わせ特別感のある外観に。
via: DS-1X :: 製品 :: ローランド

例によって例のごとく。
メーカーの紹介文は褒め過ぎていて、じゃあどんな音なんだよ?というのがわかりません。

要約すると…
デジタルなのでローノイズ。
コントロール類が4つになって、旧モデル(OD-1のコントロールは2つ、DS-1のコントロールは3つ)より音作りは幅広くなった。
音が良い。

…という所かな。
やはり分からん。

ムービーで聞いた限りでは、デジタル臭い感じは無く、アナログライクな歪みが得られそう。
ボリュームへの追従も良さそうだし、ボリュームを絞った時の音もなかなか艶やかで気持ちよさそう。

実際に自分のギターをプラグインしないとわかりませんが、これでレスポンスが良ければ新たな定番エフェクターになりそうだな、と思いました。

好みとしては

個人的な好みですが、OD-1Xが渋めのギタープレイに合いそうで良いなと思っています。
単体でも使ってみたいけれど、デジタルエフェクターをアンプのブースターに使ったらどうなるのか?も試してみたい。

DS-1Xも良さそうですが、ハイゲイン系のエフェクターの様に深く歪ませるには少し物足りないかな。
いや、普通に使うには充分な歪みです。
ガンガンに歪ませるにはちょっと足りないかな、という話しです。

デジタルに未来を感じる

ここ最近のBOSSのエフェクター。
歪み系のエフェクターでも躊躇なくデジタル化を進めてきています。
今までの概念では歪みエフェクターはアナログ。
デジタルの歪みはデジタル臭いからイマイチなんてイメージもありました。

もうその考え方は古いのかもしれませんね。
まだまだ巷ではアナログの歪み系エフェクターが圧倒的に多いのですが、実際にプロの世界ではフルデジタルでハイスペックのアンプシミュレーターを使う方が増えている気がします。
それを考えれば、こういった小型の歪み系エフェクターがデジタル化するのは正常進化かな。

デジタルならではの積極的な音作りをした歪み系エフェクターがいずれ出てくるかも知れませんね。
前述のようにBOSSはその辺りを積極的に推し進めようとしている感じがします。

日本人の得意なモノづくりの力を魅せて欲しいな。
そう思わせてくれる、新製品に感じています。

発売は

日本では3月ごろ発売と噂が出ていました。

発売は3月ごろとのことで、速く弾いてみたいですね。
via: BOSSの「OD-1X」と「DS-1X」、ついに音の入ったサンプルムービーが登場! – きになるおもちゃ -ギター・エフェクター・アンプ関連の情報サイト-

アメリカでの実売価格は$149(2014.1.23現在 15,577円)。
日本でも同じ位の値段かな?と予想しています。
もう少し安いと嬉しいけど、ちょっと高目なのはデジタル化のせいかな。

ともあれ。
店頭に並んだら要チェックのエフェクターです。
発売が楽しみ。


Posted from するぷろ for iOS.

1コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です