2013年に最も読まれた記事

今年も残り後わずかとなりました。
個人的にはブログに力を入れたり仕事の環境が激変したりと色々とあった一年だったと思います。

そんな中、このブログ“Guitar Mekk”で一番読まれた記事はなんだろう?と疑問に思ったので「2013年に最も読まれた記事」と銘打って、ベスト10記事を発表します。

Independent Association of Businesses Top 10
Independent Association of Businesses Top 10 Photo by iabusa

10位

フレット磨き JEMのフレットをピカピカに | Guitar Mekk
ヴァイモデルのギターのフレット磨き

地味ながらも気になるフレット磨きの記事。
ぴかぴかになって気持ちよかった。

9位

このPUはとても良かった。
元々付いていたディマジオのペトルーシモデルオリジナルPUもよかったのですが、それ以上に良かった。

8位

A/Bラインセレクター / EXECUTIVE SOUND 二股カケル君 = mini | Guitar Mekk
オークションで入手したラインセレクター

リーズナブルな価格で結構出来の良いラインセレクターをヤフオクで入手。
シンプルなので機能差がが出にくいスイッチながらも、使いやすさと丈夫さが良かった。

7位

出向社員の立場はどんな感じ? | Guitar Mekk
出向社員の会社内での立場について

音楽とは無関係なことなのですが、個人的にとても気になって書いた記事がロングセラーになっています。
世知辛い社会情勢を反映しているなと思わせてくれるアクセス数。

6位

Boosterを xotic BB preamp に変更 | Guitar Mekk
BB Preampのカッパーモデル紹介記事

XoticのepやRCはよく見かけるのですが、ちょっと歪みの多いBBの紹介記事。
この当時、BBが一番はまったブースターだった。

5位

MUSICMANの初代ペトルーシモデル、レビュー記事。
初めて引いたMUSICMANのギターに感動したものです。

4位

Marshall JCM900の音に四苦八苦 | Guitar Mekk
JCM900の音作りについて調べた

個人的にとても苦手なアンプ“Marshall JCM900”の音作りについて調べた記事。
このセッティングで随分使えるようになったのを覚えています。
でも、未だにJCM900は苦手だ。

3位

CTSのボリュームポット | Guitar Mekk
Jamestylerのボリュームポット交換

ずっと前に持っていたJames Tylerのギターのボリュームポットを交換した時の記事。
カーブも変えて使いやすくなった。

2位

数あるエフェクターボードの記事の中でLINE6のM9を組み込んだ時の記事。
改めて見ると結構人気のあるペダルを入れていたな、と実感。

1位

Xoticの人気ブースター“ep booster”の紹介記事。
これはブースターの定番虫の定番になっていますね。
今は手放して持っていないのですが、また機会があったら欲しいと思っているブースターです。

古い記事が多い

初めて自分のブログの記事のベスト10を調べてみたら、色々と偏りがあって面白いなと思いました。
やはりエフェクターネタが強い。
その次はニッチ路線のネタ。ここではペトルーシモデル。

そしてショックなのはどれも古い記事ということ。
今年書いた記事は4位の“Marshall JCM900の音に四苦八苦”だけ。
あとはすべて2007年〜2012年の記事。

実は今年、ブログにとても力を入れて100日連続更新とか頑張ったりしました。
ブログを初めてから一番頑張ったと言ってもいい。
でも、結果的にはそれ以前の記事の方が読まれていたんだな、という事実。
ショックです。
でも、なんとなく理由はわかります。
頑張って記事を大量に書いたのですが、量に力が行ってしまい質が落ちていたのでしょう。
それと実際に持っていない機材の記事が多い。

過去の記事はどれも自分が使って、実際に弄って自分の耳で確認したことを書いているので内容がとても厚い。
やはり情報を集めて紹介するだけでは薄っぺらい記事だったんだな、と数字が教えてくれました。

ありがとうございました、来年もよろしくお願いいたします

とはいえ、今年も記事はどれもコンスタントに読んでくれている方々いて、ベスト10に入らないとは言えたくさんの方が読んでくれました。
これはブロガーとしてはとても嬉しい。

読んでいただいた皆さん。
本当にありがとうございました。
更新ペースに色々と波がありますが、これからもGuitar Mekkはとても私の好みに偏ったギター、機材、音楽ネタを書いていこうと思っています。
好みに合ったり合わなかったりと乱高下するかと思います。
呆れずに読んでもらえれば嬉しいなと思っています。

みなさん、よいお年を。
来年もよろしくお願いいたします。

1コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です