190個の楽器が集まった 島村楽器 楽器リサイクルプロジェクト

1ヶ月で190個は凄いな

島村楽器が2013年の10月1日〜10月31日に行った「楽器リサイクルプロジェクト」。
全国の島村楽器で190本の楽器が集まった事が公表されました。

このプロジェクトは一般の方々から不要になった楽器、壊れた楽器を提供してもらい、再生、修理して発展途上国や日本国内の児童養護施設に届けるというものです。
以前、こちらの記事“楽器で世界を笑顔にしよう 島村楽器の素晴らしい取り組み | Guitar Mekk”で紹介させてもらっています。
楽器recycle

今後、楽器のクリーニングや修理、再生を行い12月中にJICA(独立行政法人 国際協力機構)「世界の笑顔のために」プログラムの要望に沿って楽器を選定し提供をする予定とのことです。

音楽が世界をちょっとだけ救う

この情報を掲載したBRAKSの記事に、提供された楽器の内容について島村楽器からのこんなコメントが掲載されていました。

提供された楽器の内訳も公開された。ダントツで多かったのはアコースティックギターの69本。ピアノと肩を並べる人気楽器でありながら買い替え・買い増しが多い楽器であることや、学生時代の思い出とともに押入れの奥にしまったままだった、というようなことがご提供が多かった理由になっているようだと分析。そのほかに多かった楽器はフルート、クラシックギター。高額な楽器であるサックス、ホルン、バイオリンなどの提供もあったという。また、音楽教室の生徒からの提供も多く「このプロジェクトをきっかけにワンランク上の楽器に買い替えました」という声が何件もあったことが報告されている。
via: 島村楽器 : 島村楽器、楽器リサイクルプロジェクトの成果報告、預かった楽器は1カ月で190本、多かったのはアコースティックギター / BARKS 楽器

家で眠っていた楽器がここで出されてくるのは想像できましたが、私にはこれを機に楽器をアップグレードするという発想がありませんでした。
買い替えのタイミングとか色々理由はあったのかもしれませんが、善意の提供だけでなく楽器を提供する自身も楽器のグレードアップで前に進むこの感じはちょっと良いなと思いました。

楽器の内訳

提供された楽器でアコースティックギターが一番多いのは想像通りでしたが、コントラバスとかホルンまであるのは驚きです。
楽器の内訳もBRAKSの記事から引用させてもらいます。

<190本の内訳>
●木管楽器
ソプラノサックス1本/アルトサックス11本/テナーサックス2本/フルート23本/クラリネット6本/ピッコロ2本/オーボエ0本
●金管楽器
トランペット4本/トロンボーン2本/ホルン3本
●弦楽器
バイオリン【4/4】12本/ヴィオラ1本/チェロ2本/コントラバス1本/分数バイオリン【3/4】1本【1/2】1本【1/4】3本【1/8】2本【1/10】3本/アコースティックギター69本/クラシックギター37本
via: 島村楽器 : 島村楽器、楽器リサイクルプロジェクトの成果報告、預かった楽器は1カ月で190本、多かったのはアコースティックギター / BARKS 楽器

ビジネスにできませんか?

今回は島村楽器の善意だけで動いたプロジェクトなのでしょうか。
その辺の費用負担は全く判りません。
前述の楽器のグレードアップ時に提供された例を参考に、上手くビジネス化できないものでしょうか。
このプロジェクトがこの1回で終わらずに続いたらいいのになと思うのですが、これだけの事をするのに全て無料奉仕だけでは限界があります。

日本ではボランティアは無料というイメージがあるかと思いますが、海外では長く運営を続けていくのにビジネス化している例が多くあります。
運営者にお金を提供して、プロジェクトが長く続く事が一番良いですからね。

こんな働きかけが日本から世界へ。
音楽が笑顔を増やす。
世界を変えるほどではないけれど、190個の楽器がどこかで笑顔を生むだけでも価値があると思います。

今回は島村楽器、グッドジョブ!(サムアップしている気分)と言えると思います。

参考

1コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です