もうアンプって要らなくなっちゃうのかもね IK Multimedia iLoud パワードスピーカーが凄い

ILoud

AmpliTubeがあればアンプになるでしょ

AmpliTubeやiRigで有名なIK Multimediaから“ミュージシャンのためのポータブル・スピーカー”がリリースされました。
その名も“iLoud”。

最初は「器用なパワードモニターかな」程度にしか思わなかったのですが、デモムービーを見たり機能の詳細を読んでみたりしたら、これって凄いかも…と思わせてくれましたので紹介します。

ごちゃごちゃと細かい事はIK Multimediaのページを見れば一目瞭然なので省きます。

要は…
音が良い
iRig内蔵
つまり、これってギターアンプになるんじゃない?って事です。
しかも、半端なアンプじゃなくてAmpritubeのクオリティで。

YouTubeのデモ

音が良いって猛烈にアピールしているデモンストレーションがYouTubeに公開されています。
音は加工されているでしょうから話半分で聞いた方がいいかも知れないけれど、音質に自信があるのは見て(聞いて)取れます。

これだけ音質に差をつけてアピールするんだから、実物がしょぼかったら訴えられるでしょう。
騙されているのを覚悟でも、期待してしまいます。

基本は有線接続だと思う

Bluetooth対応なので無線でギターが鳴らせそうな気がしてしまいますが、恐らく無理じゃないかと思います。
IK Multimediaのサイトを見ても名言されていませんが、Bluetoothで鳴らせるのはオーディオの再生だけじゃないでしょうか。
というのもBluetoothのレイテンシ(遅延)は結構あるのでギターのような楽器を繋いでも弾けないと思うんです。

もし間違えていたらごめんなさい。
楽器もBluetoothで繋げるならIK Multimediaの技術力が凄いです。

iLoudのページを読むとBluetooth接続の説明にこんな文章があります。

Bluetoothを使ってオーディオ・シグナルをiLoudに送ることもできるので、まさに理想的なワイヤレス・ポータブル・スピーカー・システムを構築することができます。
via: IK Multimedia | iLoud – Portable personal studio monitor

オーディオ・シグナルと書いてる辺り、多分楽器はNGじゃないかな、と想像できます。

手軽さが素敵

色々書いたけれど、実のところギターを弾く時にBluetoothを使った無線接続なんて大した意味は無いんです。
それよりも“良い音でギターの音が手軽に再生出来る”。
これですよね。

ギターアンプに繋げばいいじゃん、という話ですが。
実際の所、私の家ではギターアンプは現実的じゃないんです。
子持ちの家族、
狭い家でスペースは限られていて、
ギターアンプを置いていつでも弾ける状態なんて到底作れません。

隅の方に片づけてあるギターアンプを引っ張り出して、エフェクターボードを準備して前部接続。
こんな準備は億劫。
そんな自宅引き篭もりギタリストです。

これだったら省スペース。
iPhoneとギターを繋ぐだけ。
これは魅力的。

ミニアンプより値段は高い

後は値段だけ。
今のところ楽器店で39,900円で売られています。(2013.11.8現在)
ギターの自宅練習で使うようなミニアンプよりは高い。
ちょっとした良いアンプが買える値段。

まあでも、音は良いよなぁ。
下手なミニアンプを買うより良さそうな気もします。

私なんか、今はギターをMacに繋げてAmpliTubeで鳴らしているんで、iLoudはMac要らずということでとても便利そうなんですよね。
いいなぁ、これ、と思うんですよ。

頑張って働こうっと。


1コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です