最強のディストーション登場 Amptweaker TightMetal Pro

Amptweaker TightMetal Pro

ハイゲインディストーションAmptweaker Tight MetalのProバージョン

先日こちらの記事“激歪みディストーションが2ch仕様になった Amptweaker Tight Metal Pro | Guitar Mekk”で紹介したAmptweaker TightMetal Proがついに日本でも発売になりました。
激歪みペダルで注目されているAmptweaker Tight Metalにブーストが付いて2フットスイッチ仕様に。
その他にも機能が増えて、Proと謳うだけある内容が揃ったペダルになっています。

YouTubeに新しいデモンストレーションがひとつだけアップされていたので、まずそちらを紹介。

凄い歪みで苦笑い

新しいヘビー系の機材が出るとすぐにチェックしてくれるので、YouTubeの検索でよく出てくるThe Tone King。
このおっちゃんはいつもしゃべり過ぎ。
前半はずっと語ってます。
肝心のデモンストレーションは7:12辺りから。

このムービーを見る限りベースになっているAmptweaker Tight Metalより音が太くなっている感じ。
新しいブーストが効いているのか?
コントロール類が増えているのも関係しているのかも。

多機能

とにかく多機能。
楽天で真っ先に取り扱いを開始したナインボルトの商品説明を引用させてもらいます。

●特徴
・ブーストフットスイッチに連動する2つのブーストノブを装備
・EdgeとMidスイッチを備えた3バンドEQ搭載
・ユニバーサル、ブースト、SideTrakの3つのエフェクトループを搭載
・Gain、Tight、Volumeノブ
・ハイゲインスイッチでヘヴィなモダントーンとヴィンテージメタルトーンを切替可
・Chompセッティングスイッチと調整用内部トリムポットを持つノイズゲート
・さらに内部トリムポットで調整できるインプットノイズゲート搭載
・TightRockのようなサウンドを作ることのできるMid Boostスイッチ
・リズムとリード、個別に設定できる内部Fatスイッチ
・アンプのインプットだけでなくプリアンプとしても使用可能
・LEDを使ったノブ用の照明を搭載(アダプター使用時)
・バッテリーディスコネクトスイッチ
・センターマイナス DCアダプタジャック搭載(9~18V駆動に対応)via: 【楽天市場】Amptweaker TightMetal Pro 【即納可能】:エフェクター専門店 ナインボルト

3EQに加えて、EdgeとMidスイッチ。
それとは別にTight Rockのような音も作れるMid boost。
内部にFatスイッチ。
ザクザクした感じを出すのにいい感じのTightコントロール。
ノイズゲートの調節をするトリム。
インプットノイズゲートも装備。

単体で音作りする部分でこれだけあります。
Fatスイッチなんかノーマルとブーストの両チャンネル別々にある。

エフェクトループも3系統。
エフェクトONの時に動作するループ。
ブースト時のみ動作するループ。
エフェクトOFFの時に動作するループ。

もう、できることが多過ぎて文章では把握しきれなくなりな多機能ぶり。
“メタルだけに特化した超多機能ディストーション!「Amptweaker TightMetal Pro」登場! – きになるおもちゃ -ギター・エフェクター・アンプ関連の情報サイト-”で各コントロール類の効き目や使い方を解説しているので、気になる方はチェックしてみてください。
(読むだけでお腹いっぱいになります。)

ベースになるAmptweaker Tight Metalに寄せられたユーザーからのリクエストを反映させたということですが、Amptweakerの力の入れ方は半端じゃないなと感じます。

デモをもっと聞いてみたい

まだ実機は見たことないですし音が聞けるデモンストレーションも前述のムービーしか見たこたがないので判断はしかねます。
ただベースになったAmptweaker Tight Metalの出来の良さからすると、結構良いんじゃないでしょうか。
とても期待してしまいます。

もう少し経てば店頭に並ぶでしょう。
YouTubeにも参考になるムービーが公開されるんじゃないかと思います。
その辺でもっと音をチェックしたいなと思っています。

思ったより安かった

全開の記事“激歪みディストーションが2ch仕様になった Amptweaker Tight Metal Pro | Guitar Mekk”で日本での価格の予想を40,000円前後と読んでいましたが、ビンゴでしたね。
ナインボルトでは定価44,940円、実売価格35,952円(2013年11月現在)。
ちなみに本国でのお値段は$300(約30,000円)。
予想よりは安い価格だったなと思います。

一つのエフェクターとしては決して安くはありませんが、この充実の内容だったら見合っている気もします。

偏った音だからハマると美味しい

Amptweaker TightMetal Proの音は明らかにメタル系のサウンド。
この音の用途は絞られるかもしれません。
ある意味「特化している」ペダル。

それだけに、サウンドが好み・ツボにハマると他には無い魅力を感じると思います。
その特化したサウンドの中でもコントロール類の充実具合はアンプの域。
音作りに幅がありそうです。

Amptweaker TightMetal Proは決して万人向けではないけれど、それ系が好きな人には気になるディストーションになるのではないでしょうか。
私はとても気になっています。


1コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です