ついにここまで来たか!世界初オールチタン製 ネックだけのギター

All Titanium Guitar

オールチタン、そしてネックだけのギター

ギターの進化もついにここまで来たか。
ネックだけ、そしてオールチタン製のギターが製作されるようです。

The World’s First All Titanium Guitar – With No Body Or Neck by Russell Rubman — Kickstarter
世界で最初のオールチタン製ギターを作るプロジェクト

チタン合金製で重さは約1.36kgしかありません。
ネックだけというより、フレットだけと言っても過言ではない。
そして、シンセギターとしての機能もあり、ローランドのギターシンセとの互換性100%。

フレットを支える支柱?トラスロッド的な部分にLEDが付いていて点灯。
ポジションマークになっています。

ピックアップは6弦独立と書いてあったので、ピエゾピックアップでしょうか。
trebleとbass、トーンコントロールが二つ。
Phone端子付き。

音が硬そうだ

NAMMショーで収録されたギターの説明とデモンストレーションがYouTubeに公開されています。
演奏は7:03辺りから。

音がすごく硬そう。
ピエゾだし材質や構造から、そういう音になるんでしょうね。
エレキともエレアコとも違う感じに聞こえます。

出資したら安く買える

通常は$4995。(10月17日のレートで約493,406円)
出資をしてくれる方はアウトボックス(LEDを制御する別パーツ)をセットにして10組限定で$3995(10月17日のレートで約394,626円)で購入できるそうです。

参考

日本語で紹介している記事がgigazineにありました。

変わったギターが色々出ますね

先日、Grass Roots GR-PGGiconなんてボディ形状がピックガード部分しかないギターなんてのも出ましたが、変なギターが色々と出ますね。
実用的かどうかは判りませんが、とりあえず面白い。

2013.10.19追記
さらに詳しい情報が見つかりましたので、こちらの記事をアップしました。
“オールチタンのネックだけギター Gittler Guitar 続報 | Guitar Mekk”


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です