TS系とは一味違うMaxonのオーバードライブ OD808

Maxon OD808
Maxon OD808 Photo by Mekkjp

海外のギタリストご用達?オーバードライブOD808

Bogner Uberschallをもう一歪みプッシュしたいと思ってオーバードライブを入れました。
MaxonのOD808です。
なぜこれ!?と思われそうな選択肢。
いやいやこれが予想外に良かったんです。

それがYouTubeでハイゲイン系のアンプのデモンストレーションを見ていると時々OD808がブースターで顔を出してくる。
なぜか知りませんが使っているのは海外のギタリストばかり。

…これはちょっと面白そう。
そして試してみたら大当たり!という感じでした。

ブースターとして

今回はブースターとしての使用です。
Maxon OD808でBogner Uberschallをブーストした時、変にエフェクター臭い歪みが感じられなかったのが一番良いと思ったところです。
歪みエフェクターを歪みエフェクターでブーストするので、エフェクター臭が増えてしまっても仕方がないのですが、Maxon OD808だと結構イイ感じに歪みをプラスαしてくれます。

BOSSのOD系やIbanezのTS系にすれば無難ですが、幾つか試奏したところ、Bogner Uberschallとは相性が今一つ。
チューブアンプをブーストするのとは違いますから、この辺はチェック&トライが必須です。
試してみなければ判りませんでした。

オーバードライブとしては

BOSSのOD系やIbanezのTS系、どちらでもありません。
MaxonはSD-9使った事がありますが、どうもMaxonはMaxonっぽい音があるんですね。
ザラザラというがジャギジャギというか。
決してスムーズな感じには思いませんが、汚れたドライブサウンドというイメージがあります。

Maxon OD808もそんな感じ。
歪み加減はいかにも古いタイプのオーバードライブというレベル。
最近の深く歪むタイプみたいに歪みません。

コントロールはシンプルに3つ。
OVERDRIVE(ドライブ)、BALANCE(ボリューム)TONE(トーン)。
TONEは普通に絞ると音がこもる感じのもの。

まあ、百聞は一見に如かず。
これは同じくMaxonのOD-9 Pro+との比較ですが、結構色々なバリエーションを弾いてくれるので参考になります。

OD808のオリジナルは79年製

ちょっと興味が出たのでGooleで検索してみたら、結構思い入れの深い方々のレビューがちらほら出てくる。
現行のREISSUE SERIESのOD808と違い、オリジナルはキャラメルスイッチ(四角いスイッチ)のもの。
音の違いは判りませんが、79年に出た製品なので結構プレミアが付いているかもしれませんね。

試していないので何とも言えませんが、私は現行のREISSUE SERIESのOD808でとても満足しています。

参考

OD808
Maxonのオフィシャルページ

おまけ

それにしても、このロゴマーク。
歴史を感じるというか、可愛いというか。
もう少しなんとかならなかったんでしょうか。
いや、もしかしてコレがいいのかもね。

Maxon OD808のロゴ
Maxon OD808のロゴ Photo by Mekkjp


1コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です