CDシングルが341円になっていて驚いた、そして音楽業界に思うこと

矢井田瞳のCDシングルが激安

2006年の11月に“矢井田瞳 初恋 | Guitar Mekk”という記事を書きました。
ロック色強いこのブログですが、こういうJ Popも時々登場するんです。

この時に紹介した初恋という曲のCDはまだ売られているのかな?と思い、リンクをクリック。
なんと、まだ売られていました。
しかも68% OFFの341円!

341円…
売れ残っているから処分特価にもでなっているのかな。

iTuneStoreでは200円

iTunesStoreでは200円なので、341円も適性価格なんですけどね。

当時は1,050円だったので、この暴落振りに驚きました。

そして改めて実感しました。
これが音楽業界が離したくない儲けだったんだな、と。

音楽の値段

これは決して矢井田瞳の稼ぎじゃなくて、中間の色々な業者の利益の値段だったんでしょうね。
CDをプレスしたりCDをケースに入れたりジャケット作ったり物流に流したりetc…。
様々な中間マージンが乗っていたんだな…と。

一時期、音楽の値段が下がって価値が下がった云々なんて話を聞いて、鵜呑みにしていた時期もありました。
でも今はそう思いません。
古いメディア、仕組み、物流は淘汰されます。
消えゆく業界で働いている人々には厳しいけど、そうなんです。

1,050円でCDを買ってその大半がアーティストに渡されるなら、まだ話は違いますけどね。
そうじゃないのは皆さんが知っての通り。

音楽の適正価格は永遠の課題

CDシングルはもう買わないけれど、iTunesStoreで1曲だけ買うことは今後もやっていくと思います。
1曲の音楽の制作工程を考えたらiTunesStoreの1曲/250円や200円はとんでもなく安価ですよね。

すごいヒットを飛ばしたところで、それでけではビジネスにはならないでしょう。
それに大ヒット頼みでは、大ヒットが出せないアーティストは消えてしまいます。

音楽業界のビジネスモデルはよく知りませんが、iTunesStoreの1曲/200〜250円はプロモーション費用なのかな、なんて思ってしまいます。
そういう話ってググるとそういう話って山のように出てくるので、気になる人は探してみても面白いと思います。

私は業界の人ではないので、これ以上下手なことは書かないでお終いにしておきます。
誰かそんな話を飲みながら聞かせてくれないかな。

2013.9.19追記
冒頭の記事へのリンクが間違えていたので修正しました。
記事中の1曲の値段が間違えていたので修正しました。
初恋は250円→200円でした。


1コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です