CARCASSの曲名が酷過ぎて笑える

CARCASS名物!?

イギリス、リバプールのカーカス / CARCASSというバンドがあります。
“リバプールの残虐王”なんて異名をもつバンドで、最近17年ぶりのアルバムをリリースして話題にもなりました。

GEKITE2さんでもレビューで絶賛しています。

CARCASSニューアルバム Surgical Steelレビュー。 | Gekite2
ニューアルバム Surgical Steelのレビュー

そのCARCASSの曲名がとても個性的…いや、正直に…かなり酷いので紹介します。
※お食事中の方は読んではいけませんまず17年ぶりのニューアルバム

Surgical Steel

  1. 1985 (1985)
  2. スラッシャー食肉処理場(THRASHER’S ABATTOIR)
  3. バラバラ死体梱包運搬システム (CADAVER POUCH CONVEYOR SYSTEM)
  4. 血塊(けっかい) (A CONGEALED CLOT OF BLOOD)
  5. 血みどろエプロン (THE MASTER BUTCHER’S APRON)
  6. 死のサイクル (NONCOMPLIANCE TO ASTM F899-12 STANDARD)
  7. ぶつぶつ悪魔の製粉所(THE GRANULATING DARK SATANIC MILLS)
  8. 人間消費不適格 (UNFIT FOR HUMAN CONSUMPTION)
  9. サージカル・スティール 316L式 (316L GRADE SURGICAL STEEL)
  10. 監禁ネジネジ銃(CAPTIVE BOLT PISTOL)
  11. 処刑の丘 (MOUNT OF EXECUTION)
  12. 亡霊装置 (A WRAITH IN THE APPARATUS)*日本盤ボーナス・トラック
  13. 恐怖の養鶏場 (INTENSIVE BATTERY BROODING)*日本盤ボーナス・トラック

目まいがします。
くらくらしてきます。

そしてファンの間では有名、かつこれが一番と言われる題名が入ったアルバム。

屍体愛好癖 / Necroticism: Descanting the Insalubrious

  1. 屍体で花をさかせましょう(Inpropagation)
  2. 人体ジグソー・パズル(Corporal Jigsore Quandary)
  3. 疫魔交響曲第二番(Symposium Of Sickness)
  4. 由緒正しき屠殺場(Pedigree Butchery)
  5. 硫酸どろどろなんでも溶かす(Incarnated Solvent Abuse)
  6. 肉体不協和音(Carneous Cacoffiny)
  7. リゼルジン酸による嘔吐,吐瀉物による洗浄(Lavaging Expectorate Of Lysergide Composition)
  8. 若き臨床科医の肖像(Forensic Clinicism / The Sanguine Article)

“硫酸どろどろなんでも溶かす”ってなんなんですか…。

他のアルバムの曲名も(懲りずに)見たかったらこちらのサイトに載っています。

我が青春のカーカス邦題 – 他にすることないのかね?
CARCASS(カーカス)

邦題、誰が付けてるんだよ!

邦題って誰が付けるんでしょうか。
恐らく歌詞の内容、バンドのイメージを踏まえて付けるんだと思いますが、それにしても凄い、そして酷い。
このアルバムのセールス担当になったら大変だろうなぁ…などと想像。

それとも喜んでこのタイトルを付けて楽しんでるとか!?
いやいやいや、
もしそうだったらその担当者、才能があり過ぎます。
きっと罰が当たります。

ファンの間ではこれが普通というか、CARCASS名物になっている節があるように見受けます。
「CARCASSはこうじゃなくちゃ!」なんて声が聞こえてきそう。

おまけでムービー

どういう曲調なのかは、この曲名で大体想像が付くと思います。
興味があったら聴いてみてください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です