激歪みディストーションが2ch仕様になった Amptweaker Tight Metal Pro

Amptweaker Tight Metal Peo

Amptweaker Tight Metal Proは2ch仕様

以前からよく取り上げているAmptweaker Tight Metalですが、Proヴァージョンが発売予定のようです。

Amptweaker Tight Metal紹介記事
Amptweaker Tight Metal ゾンゾン言わせるメタルディストーション | Guitar Mekk
Amptweaker ハイゲインディストーション比べ TightMetal – FatRock | Guitar Mekk

メーカーサイトの説明を簡単に読んでみると…
従来のAmptweaker Tight Metalに2つのブーストを追加。
歪みの前と後ろにありゲインとボリュームのブーストができる。
Mid Boostも装備。トーンコントロール、ミニスイッチの類もヴァージョンアップされているようで、音作りの幅が広がったようなことが書いてあります。
従来のAmptweaker Tight Metalが既に色々と音を弄れるという話だったので、更にその機能が充実。

エフェクトループも3つに増えました。
エフェクトのOFFの時にONになるSideTrakループも装備された様子。

エフェクター内部でノイズゲートの微調整もできる。

さすがAmptweaker Tight Metal Proと銘打つだけあって、かなりの充実振り。
これはライブでも使い良さそうですね。
上手く使えばAmptweaker Tight Metal Proをメインにマルチエフェクターのような使い方ができそうです。

気になるデモ演奏はまだ発売前ということでほとんどありませんでした。
今のところNAMMショー2013のAmptweakerブースでの取材風景が唯一のムービーの様です。

発売時期、値段

メーカーサイトを見る限り、発売時期はまだ明記されていませんでした。
プレオーダー受付中だったので、近々発売されるのではないかな?と想像できます。

気になるお値段はアメリカで$300。約30,000円です。
少々お高いですね。
日本に入ってきたら代理店経由で40,000円前後でしょうか。
小さいアンプが買える値段になってしまう。

とはいえ、この高機能と音の良さは$300の価値がありそう。
日本に発売される時に幾らになるのか、要チェックです。

Amptweaker.com – good tone comes from tweaking…
Amptweakerオフィシャルサイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です