モニタースピーカーを壁掛けしたら音が良くなった しかも激安で済んだ

モニタースピーカーのスタンド自作 施工前
モニタースピーカーのスタンド自作 施工前 Photo by Mekkjp

狭いし音悪いし

自宅のモニタースピーカーはMacと同じ机の上に置いてありました。
無印良品で買ってきたアクリルの台を使って置いてありましたが、机の上は狭くなるしスピーカーの音も今一つ。
音がぼんやりする、低音がどうも絞まりがない。
DTM環境としてはとても良くない状況です。

そこでスピーカーを壁に設置して貧弱な台からしっかりした台に。
同時に机の上を広く使おうと画策してみました。上の写真は今までの環境です。
アクリルの台がスピーカーの重みでたわんでいます。
こんなに重いものを乗せるものじゃないな。

全て100円ショップで調達

今回の材料は全て100円ショップで買ってきました。
大きな100円ショップにいけば、大体そろいます。

手間といえば板。
100円ショップで買える板なんてとても薄っぺらいので、2枚重ねにして接着。
加工はそれくらい。
できるだけ堅そうなのを選びましょう。
あと、使う前からたわんでいる物が殆どなので、たわみの無いものを。
今回(名前は忘れましたが)木粉を固めたような物があったのでそれを使いました。

DIY下手なのがバレバレ

100円なのに材料をケチったら案の定、強度不足に。

モニタースピーカーのスタンド自作 制作途中NG
モニタースピーカーのスタンド自作 制作途中NG Photo by Mekkjp

これじゃあスピーカーを支えきれません。

サイド100円ショップへ走って素材を追加購入。
これでもかっ!という位、補強を施してみました。
それがこちら。

モニタースピーカーのスタンド自作 強化してみた
モニタースピーカーのスタンド自作 強化してみた Photo by Mekkjp

有り物で済ませているので、急激に素人っぽさがぷんぷん臭う状態に。
壁に開いている穴の後が痛々しい。
それでも強度はまあまあです。

スピーカー用インシュレーター

今までより格段に堅い台と壁。
壁伝いに振動が来るのが予想されたので、以前から持っていたインシュレーターを挟みました。

モニタースピーカーのインシュレーター
モニタースピーカーのインシュレーター Photo by Mekkjp

満足できる状態になった

そして完成。
これが今の状態です。

モニタースピーカーのスタンド自作 完成
モニタースピーカーのスタンド自作 完成 Photo by Mekkjp

何が良いって。
音が良いです。
久しぶりに良い状態のモニターができるようになりました。
以前は別の事務所で使っていて、その時はまあまあ良い状態で鳴らせていました。
今はその頃に戻った感じがします。

今回は台を棚に変更してインシュレーターを挟むというだけなのですが、音は激変しました。
今までの音とはまるで別物。
分離が良いし、低音もぐんぐん前に押し出てくる。
今までの音がしょぼかったから余計にそう思うのかもしれません。

これはギターのアンプシミュレータの音もよく聞こえそうだな。
その辺はまた後日試してみるつもりです。

総費用

材料費が格安に済んだのはDIYの醍醐味でしょうか。

板×2枚 200円
支える留め具×4個 400円
補強に使ったT字金具 4個入り×2セット 200円
〆て800円。

しかし残念な予想外の出費もあったんです。
取り付け作業に欠かせない充電式の電動ドリルのバッテリーが古くてダメになってしまい電動ドリルが使えなくなってしまいました。
新しくバッテリーを買うと6〜7,000円の出費。

この為だけに7,000円とか。
いやいや、そんなの出したくない。

近所のリサイクルショップで小さなドリルを買ってきました。
お値段、2,100円。
バッテリーが7,000円。
電動ドリルが2,100円。

摩訶不思議な事が起こる、物質過多の国「日本」を感じました(苦笑)

という訳で、総費用2,900円。
それでも2,900円ですからね。
安いもんです。

3,000円弱で音がこんなに良くなったんだから文句なし。
おまけに机の上も広く使えるようになりました。

DIY、手間がかかるけどオススメです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です