エフェクターボード

2013年7月ヴァージョン

4月に組んだボードが今一つだったので、組み直し。
どうもsuhrのkoko boostと歪み系ペダルがしっくりこない。そこでkoko boostoは外してオーバードライブとディストーションの2台にすることにした。
気に入っていなかった空間系も一新した。

Pedal Board 2013.07.04
Pedal Board 2013.07.04 Photo by Mekkjp

以前の構成に似ている

Arionのコーラスを入れ、歪みにディストーションを追加。ディレイはTIMELINEに。
これ、前々回のボードを組んだ時の構成と似ている。
その時はブースター2台に歪み2台で使い勝手が良くなかったので、今回はシンプルにブースターは一切無しに。
どうしても欲しかったらオーバードライブで代用すればいいかと思っている。

シンプルな構成にした

これで操作はかなりシンプルになった。

合わせて配線もシンプルにした。
今まではジャンクションボックス経由でアンプのfxループにもつなげていたので、都合4本のシールドが必要だった。
ギター→ボードへ→ボード→アンプのインプットへ→アンプのセンド→ボードへ→ボード→アンプのリターンへ
※太字部分がシールド

ボード上も歪み系ペダルと空間系ペダルが別々にジャンクションボックスへ経由するためにパッチが無駄に多かった。
それらをすべて止めて、普通に直列で繋ぐことに。

ペダルトレインの特徴を利用

組む時にノイズについて考えた。
効果の程はわからないけれどい、いつもACケーブルとパッチケーブルの取り回しで苦労する。
できるだけ離すようにしているが、どうしても近づいてしまう所ができてしまう。そこでまたACケーブルやパッチを無駄に取り回したりもしていた。もしくはそのまま妥協。

ボードはペダルトレインを使っている。
これはスノコ状になっているので、配線を裏にしまえるのが利点。
しかし全ての配線をしまい込むと、前述のように無理が出てくる。

そこで今回は裏はACケーブル専用。
パッチは普通のボードのように表を這わせる事にした。
これでACケーブル、パッチケーブル共に無理なく配線ができた。

スタジオレベルで試していないので、効果の程はわからないけれど、ACケーブル、パッチケーブルがごちゃごちゃと交差していた時に比べたら精神的に安心して使えるから良しとしよう。

良さそうな感触

組んだ後に微調整したりして、まだ本格的にセッティングはしていないけれど、軽く鳴らしたところなかなか良さそうな感触はある。
じっくり時間をとってセッティングしたいな、と思いつつ今日はここまで。
また後日、いじろうと思う。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です