ベースで弾き初め

stingray昨日は旧来の友人とスタジオに入って曲作りを楽しんできた。
私はベースで友人はギター。ドラムはiPadのGarageBand。

ギター弾きなのに、年始の一発目がギターじゃなくてベース。
なんのことはないベースが弾きたかっただけなんだけど。

ギターは難しいけど、ベースも難しい。
まず音を出す行為自体が難しい。
弦は太いしネックも太い。
ネックは長く1フレットが遠い彼方。
右手のピッキングは指だけど、これまた難しいし指が痛くなる。
本当、ベースに比べたらエレキギターって軟弱な楽器だと痛感する。

ベースの面白さも感じた。
(ほとんど)単音で弾くのに感じられる音の厚み。
上手く弾けた時のグルーブ感の強さ。
弾き方次第で曲を動かし左右できそうな感覚。
ギターでも感じられるけれど、ベースは今書いた辺りのことがとても強く感じた。
面白い。

面白かったのと同時に、ギターが弾きたくなってきた。
イイ刺激になった気がする。

次は春ぐらいにスタジオに入るかもしれない。
その時はギターにしよう。

決まったメンバーで演奏を繰り返すバンドも面白いけど、適当に時間がある時にその時その時に時間が合う人と一緒にやる。
この気楽さもなかなか楽しい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です