Ibanez UV777P 7弦ギターを引っ張り出してきた

実はこんなのも持っていた。

UV777P
Ibanez UV777P Steve Vai 7弦

久しぶりすぎて、うちの妻は見たことがない。
見た瞬間に、またギターを買ったと思ったらしく。「なにそれ?いくらしたの?」と疑惑の目を向けられた(笑)
結婚する前に買って、放置しておいたんですってば(汗)

このギター、オークションでボディやパーツを買い集めて自分で組み立てたから、若干オリジナルとはパーツが異なる。


ピックアップがEVOの7弦用とAirNortonの7弦用だったかな?
うろ覚えだ…(爆)
ボリュームとかトーン、スイッチのコントロール類も全部無かったから、CTSのポッドとか買い集めて自分で配線。

意外と苦労したのがピックガード。
このボディは古い型らしく、現行モデルのボディとはブリッジ周辺のザグリが違うんだって。
現行のボディに合うピックガードは1万円もしないんだけど、この古いボディに合うピックガードはたしか2~3万円って言われた。(汗)
ピックガードにそんなに払いたくないからねぇ。
合わないピックガードを買って、自分で切ったよ。
ミラーピックガードは傷が付くとショックがでかいから、切るのに凄く気を使ったな。

数年ぶりに出したから、ネックは反っているし電装系はガリガリいっている。
なんか適当にくみ上げたからネックのジョイントの角度も変で、弦高も下がらない。
ハチャメチャだったのを全部治した。

全部治すのに3~4時間かかったなぁ。

うん。これで、ちゃんと弾ける状態にはなった。
あとは私が7弦ギターを弾きこなせるようにメンテナンスするだけだ(笑)

2コメント

  1. 既存曲を7弦ギターのローBを使って弾くと、無意味にヘビーになるぞ。
    ハードロックが自動的にヘビーメタルになっちゃう(笑)

    新しいベースかぁ。
    この前yヤマが言っていたのは止めておきなよ。
    理由をここでは書けないけど…(爆)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です